スポンサーリンク




dTVはこんな人にオススメ!

  • 初めて動画配信サイトに登録する人
  • どこに登録したらいいのか、迷っている人
  • 低コストで幅広いジャンル、作品を観たい人



5つの要素で評価!

総合力 4.0
見放題作品数 5
価格評価 4
独自コンテンツ 4
ジャンルの幅 5
アプリ評価 2.75

 

見放題作品数

見放題作品数に関しては120,000本以上と他サイトを圧倒しています。

見放題作品数の多いU-NEXTでも80,000本、Huluでも50,000本と、圧倒的な作品数だということは見て取れるでしょう。

どこに登録したらいいのか分からない初めて動画配信サイトに登録される方や、とりあえず多くの作品を観たい方はdTVに登録すれば間違いないでしょう!

 

価格評価

価格で言えば、「Amazonプラムビデオ」の371円(税抜)や「dアニメストア」の400円(税抜)には及ばないものの、500円(税抜)というワンコインで登録出来る点は高評価です。

しかも「Amazonプラムビデオ」の見放題作品数は6,000本「dアニメストア」の見放題作品数は2,400本と、作品数ではdTVが圧倒しています。

独自コンテンツ

dTVはテレビ局のオンデマンドサービスではないため、TVドラマに関するオリジナルコンテンツは少ないですが、その代わり映画に関しては独自のコンテンツを有しています。

松坂桃李主演映画「不能犯」や実写版「銀魂」の映画に連なる独自コンテンツを配信しており、映画館に行く前に登録しておくと、その映画をより楽しめることは間違いないでしょう!

さらに、「ゴッドタン」などのバラエティ番組でもオリジナルのコンテンツがあります。

ジャンルの幅

映画やドラマ・アニメ・海外ドラマはもちろんこと、音楽ライブや舞台、ドキュメンタリーと幅広いジャンルまで網羅しており、120,000本のタイトル本数が納得出来るほどのラインナップを誇っています。

残念ながらスポーツに関する方面には疎いようですが、動画配信サービスとして充分な評価を得られるでしょう!

アプリ評価

今まで大きな評価を得ているdTVですが、唯一の弱点がアプリです。

アプリの評価は残念ながら低く、「Googleプレイ」評価3.3「APP」評価2.2と低評価となっています。

パソコンでの視聴でも、サイト自体が重いイメージがあり、通信環境が整って居ない場合は、不快に感じる人も多いと思われます。

ですが、Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤中や移動中でも通信量を気にせず観ることもできます(一部ダウンロード非対応の作品あり)

総合評価

アプリの低評価がなければ、圧倒的に1位の評価を得ているのがdTVです。少なくとも、どこに登録したら良いのか迷っている人は、dTVに登録しておけば間違いないでしょう。

31日間の無料期間もあるので、1ヶ月の試用期間で見極めるのも良いと思います。

初めて登録する方は、全体的に網羅したい方には、迷わずdTVをオススメします!


スポンサーリンク