各種キャリア携帯会社だからこそオススメできる定額制動画配信サービスがあります。

そこで、今回はソフトバンクユーザーだからこそのオススメ動画配信サービスをご紹介します。

スポンサーリンク




SoftBankユーザーにオススメの動画配信サービス

ウルトラギガモンスター+加入者へのオススメ

「ウルトラギガモンスター+」とは「データ定額 50GB プラス」の総称で、対象の動画サービスやSNSがデータ通信量を気にせず使い放題でご利用いただけるデータ定額サービスです。

そのため、ソフトバンクでこのプランに登録している場合、スマホで視聴した場合に気になる通信制限を気にせずに動画を視聴し続けられるというメリットがあります。

ただし!

全ての動画配信サービスが対象というわけではありません。

対象の動画サービス

YouTube、GYAO!、TVer、AbemaTV、Hulu

この中でいわゆる定額動画配信サービスといわれているものはHuluです。

つまり、ウルトラギガモンスター+に加入している方はHuluを、データ通信料を気にせずに視聴し続けることができるのです。(動画視聴やダウンロード以外の通信は対象外)


Huluは月額933円(税抜)約50,000タイトルのドラマ、映画、アニメなどが見放題のサービスとなっています。オリジナルコンテンツも多く、話題のドラマ「3年A組 今から皆さんは人質です」の後日談を独占配信するなど、クオリティの高い 作品を数多く有しているのが特徴です。

2週間の無料期間は他のサービスよりも短いですが、そこが自信の表われなのでしょう。

更に詳しい評価は⇒Huluを5つの要素で評価!【15社以上徹底比較】

携帯代金と一緒に支払いたいなら

次にご紹介するのは、携帯代金と一緒に支払うならばどのサービスかです。

ズバリ!

ソフトバンクのサービス一覧に表示される定額制の動画配信サービスは「アニメ放題」「ネットフリックス」です。

 ネットフリックス 

ネットフリックスは月額800円(税抜)から登録できるサービスです。海外作品が多く、またほぼ8割がオリジナルコンテンツという充実した動画配信サービスとなっています。

ネットフリックスに関しては携帯代金と一緒に支払うことができるというメリット以外は見当たりませんでした。なので、ソフトバンクユーザーのみの特典かというと、そうではありません。

クレジットカードがあればあえてソフトバンク経由で登録する必要も薄いでしょう。

ソフトバンク用ネットフリックスのページへ

 アニメ放題 

アニメ放題は、約1800タイトルのアニメが月額たったの400円(税抜)で見放題というサービスです。

アニメ放題に関しては、ソフトバンクユーザーは少し便利に登録することができます。

なぜなら、ソフトバンクユーザー以外の場合、アニメ放題に登録するにはYahoo!ウォレットを利用しなくてはいけないからです。普通のクレジットカードだけでは登録できず一手間挟むことになります。

しかし!

ソフトバンクユーザーならば、携帯代金と一緒に支払うことができるので、ソフトバンクユーザーの特権とも言えるでしょう。

ソフトバンク用アニメ放題のページへ

ただし、アニメ放題と同じくにアニメに特化したサービスdアニメストアとの比較を参考にしてから、アニメ放題に登録することをおすすめします。

2019冬「dアニメストア」「アニメ放題」作品数比較

スポンサーリンク