各社動画配信サービスでは、そこでしか観ることができないオリジナルドラマを製作しているサービスもあります。地上波では観られないオリジナルドラマを観られるサービスをランキングにしました。

スポンサーリンク




オリジナルドラマ重視ランキング

1位 Netflix

月額800円から利用出来るサービスです。

オリジナルドラマと言えば、Netflix(ネットフリックス)で間違いないでしょう。見放題作品の7割近くがオリジナル作品であり、しかも上質です。

アメリカが主体のサービスということで、オリジナル作品の殆どが海外ドラマという点は人を選ぶかもしれませんが、殆どの作品に吹き替えがついているので、海外ドラマに抵抗がある人も楽しめると思います。

日本の地上波ドラマ、普通の海外ドラマを物足りないと感じ始めた人は、Netflixがオススメです!

代表作「13の理由」「フラーハウス」「火花」など

評価・特徴の詳細は⇒こちら

今すぐ登録をするならこちら

Netflix(ネットフリックス)

2位 dTV

月額500円で120,000本以上を観られる最高のコスパを誇る動画配信サービスです。

Netflixが海外ドラマのオリジナルに特化しているのに対して、dTVは日本のオリジナルドラマが豊富です。特に、映画に関するスピンオフドラマを製作しており、「銀魂」「闇金ウシジマくん」などのオリジナルドラマを配信しています。

それだけでなく、完全オリジナルのドラマ製作もしており、日本のオリジナルドラマを観るならかなりオススメのサービスです。

代表作「彼氏をローンで買いました」「銀魂-ミツバ編-」「婚外恋愛に似たもの」など

評価・特徴の詳細は⇒こちら

今すぐ登録するならこちら



3位 Hulu

月額933円で50,000本の作品が観られるサービスです。

海外ドラマにも強いサービスですが、オリジナルドラマにも力を入れています。

dTVが映画のスピンオフなのに対し、Huluは日本テレビで放送されているドラマのスピンオフが多く製作されています。

もちろん完全オリジナルのドラマも製作しており、海外発のサービスである特徴と提携している日本テレビの特徴を兼ね合わせたハイブリッドなサービスといえるでしょう。

代表作「ミス・シャーロット」「フジコ」「山岸ですがなにか」など

評価・詳細は⇒こちら

今すぐ公式サイトをチェックするならこちら


スポンサーリンク